無料 無料 無料





小芝風花 とことん嫌われ愛されたい 「見ている人に感情移入してもらえる女優になりたい」

小芝風花 とことん嫌われ愛されたい 「見ている人に感情移入してもらえる女優になりたい」


小芝風花 ファースト写真集 『 風の名前 』

ワニブックス
売り上げランキング: 30,638


  


1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 04:44:56.82 ID:CAP_USER9

 昨年はNHK連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの娘、千代役で脚光を浴びたが、今度は「楽しみで仕方なかった」というコテコテの関西弁での現代ドラマに挑戦する。

 「大阪出身ですが、現代劇で大阪の女の子を演じるのは初めて。関西弁でポンポン会話をしていく感じが、家族と会話しているようなリアリティーがあったので、すごく楽しくて、やりやすかった」

 カンテレのドラマシリーズ「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 Part2」(火曜深夜0時25分、関西ローカル)の桃谷駅編「酒と泪と男とわたしたち」(14日放送)で、離婚した母親、光子(中村ゆり)とぶつかりつつも、思いやる娘の聡美を熱演している。

 「最初に台本を読んだときは、親子というより距離が離れているんです。でも、道も気持ちも思いも、もう少しで届きそうなのにすれ違うもどかしさやムズムズ感と気持ちのいい終わり方、ほっこりするストーリーになっています」

 撮影は2日間という強行軍。セリフのやりとりは、大半が携帯電話という異色の演出に「びっくりした」とか。

 「30分ドラマといえど、2日で撮れるものなのかと思ったら、朝から晩までみっちり撮影。相手の見えない電話でのやりとりに不安もありましたが、本当に電話をして、カメラ2台で撮影しているので、やりやすかった。とくにすれ違っていた親子がひとつになる最後のシーンは、めっちゃすてき。何回も撮り直して、カメラマンさんも監督さんもすごく苦労されていたので、ぜひ見ていただきたい」

 作中では母を「アンタ」と呼ぶなどトークバトルも見ものだが、実生活では母親の過去の恋愛を知り尽くすほど仲が良く、20歳を迎える4月の誕生日には「一緒にお酒を飲む」と決めている。

 「母が好きな焼酎で乾杯と思ったけど、1杯目には渋すぎるとまわりにいわれたので、カクテルが飲めるこじゃれたバーをリサーチ中。あと、その日は、はしご酒をすると決めています。赤ちょうちんに憧れがあるので2軒目は居酒屋さんかな。でも、仕事の前の日は飲まない、外では飲み過ぎない、2杯ぐらいにすると決め事もつくっています」

 そんなしっかり娘は、連ドラ、主演映画公開と仕事にも追い風が吹く。糧となっているのは「あさが来た」だ。

 「一人の女性の20年を演じさせていただいたことは、すごく勉強になりました。女性がいろんな経験を積んで、どう大人に成長していくかを表現するために、頭フル回転。ドラマは先の台本が見えず怖い部分もありますが、どういうふうにきても演じられるよう、事前に役を自分の中で固めることの大切さに改めて気づきました」

 ヒロインのあさ(波瑠)への反抗ぶりが「視聴者の方からすごい反発も受けた」と心が折れかけたが、“母”の言葉が背中を押した。

 「おかあちゃんに反抗して『なんやこの子は』って。それを意識し始めると、突っ掛かるシーンが怖くなって…。でも、波瑠さんが『周りの意見を聞いて、嫌われないようにと思い始めたら、役にちゃんと向き合えなくなるよ』といってくださり、そらそうだと思ってちゃんと反発しました。嫌な役がきたら、とことん嫌われよう。いい役がきたら、とことん好きになってもらう。嫌われるイコール、それだけ嫌な役ができたんだと思うので」

>>2以降に続きます

2017.02.10
http://www.zakzak.co.jp/people/news/20170210/peo1702101530001-n1.htm

no title

no title

no title

no title



2: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 04:45:25.27 ID:CAP_USER9

>>1の続き

 デビュー時から「いろんな役や作品を通して、人の心に残る演技をしたい」と邁進してきたが、最近は理想の女優像も見えてきた。

 「満島ひかりさんや安藤サクラさんが大好き。リアリティーというか、泣いている姿を見ていると、こっちも胸が苦しくなって、涙が自然にあふれてくる。見ている人にのめり込んでもらえる、感情移入してもらえる演技ができる女優になりたい」

 忙しくなれば、モチベーション維持が大変。乗り越えるコツは細かすぎる目標設定だ。

 「大きな目標は、おばあちゃんになっても、その年齢に合った役を演じていたいし、いつか賞をもらえる演技もしたい。小さな目標? しゃぶしゃぶ食べ放題に行くこと。ずっと上を向いていけるよう、たくさん目標を作り、こつこつかなえていきたい。とくに今年はいいスタートが切れたので体調には気をつけて、ずっと上がり下がりなく走り続けられたらいいな。とにかく頑張りたい」

 大人、そして女優としての階段を着実にのぼっている。 (ペン・田中一毅 カメラ・奥清博)

 ■こしば・ふうか 女優。1997年4月16日、大阪府生まれ。19歳。2011年に「ガールズオーディション2011」でグランプリ受賞。12年にフジテレビ系「息もできない夏」で女優デビューし、14年に主演映画「魔女の宅急便」で第57回ブルーリボン賞・新人賞を受賞。その後も「GTO」「セカンド・ラブ」「HEAT」など多くのドラマに出演した。18日に全国公開される映画「天使のいる図書館」では図書館司書役で3年ぶりの主演を務める。

 ドラマ「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 Part2」は見逃し配信で視聴可能(有料)。詳細は「関西テレビ おんでま」(http://www.ktv.jp/ondema)。


44: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 18:02:50.42 ID:8Bhw2Nyn0

no title




45: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 18:12:57.23 ID:8Bhw2Nyn0

no title

no title


62: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:34:20.39 ID:8Bhw2Nyn0

no title


63: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 23:39:04.41 ID:Q/SCmd7h0

no title

小芝風花 ファースト写真集 『 風の名前 』

ワニブックス
売り上げランキング: 30,638


魔女の宅急便 [Blu-ray]
魔女の宅急便 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.02.16
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2014-09-19)
売り上げランキング: 43,466



引用元: ・【芸能】小芝風花 とことん嫌われ愛されたい 「見ている人に感情移入してもらえる女優になりたい」


  




  






コメント

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

グラビアニュース速報管理人

このブログについて



ツイッター RSS
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アイドル・芸能
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
記事紹介
記事紹介
おすすめDVD
おすすめゲーム
カテゴリ
アンテナサイト
リンク
最新コメント
逆アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログパーツ